肌荒れによる病院での治療内容

 

肌荒れが起こって、お手入れをしているのにどんどんひどくなる、治し方がわからない、など自分では改善できないことがあります。そんな時は、病院で専門医に見てもらうと原因がわかって、その原因を取り除くことで症状を治めることができるかもしれません。正しい治療を行うことで、肌が健康に、綺麗になると嬉しいですよね。

 

そのためにも、間違った方法でケアをしないようにしましょう。

 

肌荒れで病院に行く前に知っておきたい事

肌荒れが起こって、実際に病院に行こうと思っても何科に行けばよいのか迷う方もいるかもしれません。お肌をケアするところでは、主に皮膚科と美容皮膚科があります。

 

どちらも専門医が診断して治療を行ってくれますが、一体どちらに行けばよいのか、どう違うのか知っておくと便利です。

 

皮膚科は、基本的に肌の病気をみてくれるところです。主に、保険で治すことができる症状をみてくれるところで、主なものでは乳児湿疹、ニキビ、虫刺され、じんましん、金属アレルギー、水ぼうそう、ヘルペス、いぼ、水虫、うおのめ、アトピー性皮膚炎、やけどなど、病気や怪我による疾患が主なものでこれらは保険の対象となる場合がほとんどです。

 

そのため、皮膚科では費用の負担が少なくて済みます。主に外用薬と内服薬を使って治していきます。皮膚科に行った時の流れとしては、まず診察が行われて原因を突き止めます。

 

患者の方からはアレルギーがないか、特に飲んでいるサプリメントや薬はないかを聞いて、症状が起きた時の経緯や具体的名症状から総合判断していきます。原因がわかったら、症状を取り除くための指導が行われたり、薬を処方してくれたりします。主に処方される薬は、ステロイド剤の外用薬や、抗ヒスタミン剤、アレルギー剤、漢方薬などでそれぞれの症状を治めて治していく効果のあるものを処方してくれます。

 

皮膚科では、お肌を綺麗にするのではなく、皮膚が持っている病気や疾患を治すことを目的としています。例えば、にきびがひどくて皮膚科にいった場合、にきびの症状を治めるための処方薬は出してくれるので、にきび自体は良くなったり治ったりすることがありますが、にきび跡が残った時に、より美しいお肌を取り戻すための処方薬は出すことができません。

 

しかし、保健によって費用を抑えることがせきますし、皮膚のトラブルを解決するための正しい判断によって薬を処方してくれるので肌トラブルを改善するための強い味方になります。

 

美容皮膚科は、肌の病気というよりも悩みを解決してくれるところです。肌荒れによって、様々な症状を引き起こしてコンプレックスとなっていると、外出したくない、友人と会うことが嫌になったなど、美容に対して敏感な方ほどコンプレックスを感じるものです。美容皮膚科は、肌のトラブルや悩みを改善してくれるとともに、美容に対して精神的なトラウマや疾患がある場合、悩みやコンプレックスを取り除く手助けをしてくれる機関でもあります。

 

主なものでは、にきび跡、しみ・たるみ、毛穴のひらき、アンチエイジング、肌再生、うす毛、エステやレーザーなどです。美容皮膚科ではカウンセリングを重視しているところが多く、美容と健康の両面から診断してくれます。

 

肌トラブルに対してだけでなく、生活習慣や食生活、環境、スキンケア、肌の悩みに対してカウンセリングを行ってくれます。

 

人から見たらたいしたことなくても、その人にとっては大きな悩みである場合、美容皮膚科ではその悩みを解決するための方法を探ってくれます。そのため、小さな肌の悩みでも受診しやすいイメージがあります。例えば、にきびに対しては、今あるにきびを治して跡を残さないようし、にきびが再びできない肌質へと改善することを目標とするなど、トータルでケアしてくれます。

 

しかし、保険がきかないメニューもあります。保険はききませんが、そのぶん、患者の方の小さな悩みから美容への強いこだわりまでを実現できるようなメニューが揃えられている場合もあるので、肌の様々な悩みを相談することができます。

 

また、処方するものは薬だけでなくサプリメントもあり幅広いです。

 

専門医に相談したからこそ解決できる悩みも

 

 

このように、肌トラブルで悩んで自分では解決できない場合、専門医に相談することで悩みが解決できることがあります。病院で相談することのメリットは、悩みを打ち明けで、医療の面からアドバイスを受けることで不安や悩みが解消されたり、原因がわかったりします。

 

また、効果的な薬やサプリメントを処方してもらうことでスキンケアでは改善されなかった症状が改善されたり、スキンケア以外の生活習慣や、食生活を見直すきっかけとなることがあります。

 

自分では決してできない最先端の医療機器で施術することで見違えるように肌の調子がよくなったり自分にあった漢方薬をしるきっかけになることもあります。

 

自分のお肌とは一生付き合っていくので、肌トラブルがでた時は専門医に相談して、正しい治療を行うことで、長く健康で美しいお肌でいることができます。