敏感肌は高保湿な化粧水で改善する

 

敏感肌とは、肌が乾燥することによって肌のバリア機能が低下してしまっている状態です。
肌のバリア機能が低下していると、いつも使っていた化粧品や洗剤、衣類や髪の毛の接触など些細な刺激にも強く反応してしまい、ヒリヒリしたり赤くなったりしてしまいます。

 

原因は様々だとされており、精神的なストレスや食生活、環境の変化、間違ったスキンケアなどによって引き起こされると考えられています。

 

間違ったスキンケアとは

他にも花粉やアレルギーが原因であったり、ダイエットなどで栄養が不足することなどがあげられ、そこら中に原因があるともいえます。

 

具体的な状態としては、肌が乾燥していることで肌のバリア機能が壊れてしまっている状態です。肌の防御機能が落ちていることによって外からの刺激に反応しやすくなっているのです。

 

化粧水がしみたり含まれているアルコールでかぶれて赤くなる、髪や衣類が触れただけで痒くなったり、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルも引き起こしやすくなっています。

 

最も簡単に見直せるのがスキンケアの仕方です。

まず注意したいのが、クレンジング剤とクレンジングのやり方で、市販されているクレンジング剤の多くが合成界面活性剤という成分が使われておりこれは強い洗浄力を持ちます。

 

そのため、メイクと一緒に皮膚に必要な皮脂までもクレンジングをするときに一緒に洗い落としてしまい、乾燥を悪化させてしまいます。

 

シートタイプのクレンジングも拭き取ることによって肌への刺激になってしまったり、メイクが落としきれないことも考えられるためなるべく避けるようにしていきます。

 

クレンジング剤にも様々なものがありますが、なるべく界面活性剤を使っていないクレンジングや洗顔料を選ぶか、石油系の界面活性剤ではなく自然由来の界面活性剤を使っているものを選ぶことがオススメです。

 

洗顔の方法が大切

洗顔を行うときには、ゴシゴシ洗うのではなくたっぷりの泡で洗うことが大切です。
洗顔をする場合、肌に石鹸をこすりつけることで汚れが落ちると勘違いしている人も多いですが、泡の表面張力によって汚れを包み混んでとっていくため、きめ細やかな泡を作って皮膚に触れないように泡をのせるだけでも汚れは落ちていきます。
 

肌に負担をかけないためには、洗顔し終わった後は優しく泡を洗い落として柔らかいタオルで押さえるようにして水気を拭き取ることが良いとされています。

 

洗顔が終わった後に重要なのが、化粧水などでのスキンケアです。
肌の乾燥が原因ですので、肌を潤わせるスキンケアを行っていくことが効果的だとされています。保湿や保水はケアの基本中の基本ともいえます。

 

水分を与えることがケアにつながると思っている人は多いですが、ただ水分を与えるだけでは水分はすぐに蒸散してしまいます。

 

そのためケアするときに必要な高保湿な成分の機能としては、肌との親和性が高いうるおい成分を補給することが大切です。高い保湿力のある成分としてあげられるのがセラミドです。

 

 

 

 

有効な成分

セラミドは角質の細胞間脂質に含まれている成分で、脂質でありながら水分となじみやすいという性質があります。水分と水分を挟み込んで水分を保持するという既往があるため、高い保湿力を期待することができます。しかし、セラミドといっても様々な種類があるため注意が必要です。

 

化粧水などに配合されているものの種類としては、石油原料から化学合成した擬似セラミド、米ぬか油や小麦胚芽油などから抽出された植物由来の植物性セラミド、牛乳由来のミルクセラミド、酵母を利用して生成されたヒト型セラミドなどが挙げられます。

 

中でもオススメなのが、酵母を利用したヒト型セラミドが良いとされています。
ヒト型セラミドは文字通り、ヒトの持つセラミドに近い構造をしており浸透率がよく、肌になじみやすいという特徴があります。

 

ヒトのセラミドに近いことから、赤みが出たりするなどの副作用も少ないとされています。

 

また、ナノ化されたセラミドが入ったものも浸透率がよく肌の奥にまで吸収されやすいため、それを利用するのも効果的です。

 

効果的な取り入れ方

 

 

セラミドは比較的効果なため、極端に価格の低い商品ではセラミドの含有量が少ない可能性が考えられます。セラミド配合のスキンケア用品を購入する場合には、しっかり配合量が明記されているものを選ぶことがオススメです。

 

また、肌のうるおい成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などの成分も同時に配合されているものを選ぶことによって高い効果を期待することができます。

 
保湿を行うときのタイミングとしては、入浴後がベストだとされています。入浴後は皮脂が落とされており肌は無防備な状態です。

 

放っておくと乾燥がひどくなってしまうため、すぐにスキンケアを行っていくことが大切です。敏感肌の原因は、肌の乾燥以外にも食べ物のアレルギーが原因であることも考えられます。

 

食べ物を見直したり、肌のターンオーバーを促すようにバランスよく食事をするなど外側からだけではなく、内側からのケアも改善には必要となります。