ニキビの対策は化粧水から行おう

 

気になるニキビは、できてしまった後にあわててケアするのではなくできる前から対策をとっておいた方が良いですよね。

 

その具体的な方法として挙げられるのが、毎日のスキンケアで使っている化粧水にこだわってみることなのです。ここで大切なのは、必ずしもその専用のものを使うことではありません。

 

なにより大切なのは、肌のターンオーバーを整えて肌あれしない基盤をつくることにあるからです。まず、保湿力はとても重要なポイントです。

 

効果的なニキビ対策

ニキビというと肌のベタつきが気になるオイリー肌の方が特に悩まされているイメージがありますよね。実は、このようなオイリー肌のほとんどは表面的なもので、内部は乾燥しているインナードライの状態です。なので、肌のターンオーバーが乱れてしまっており肌あれの原因となっているのです。

 

表面的なベタつきに惑わされてさっぱりタイプのものを使って、皮脂をカットしてしまうと肌はそれを補おうと皮脂を過剰分泌してしまいます。

 

するとますますベタつくという負のスパイラルになるので、気をつけるべきなのです。

 

そうは言っても、ベタつきが気になっているというのにしっとりタイプの化粧水は使いたくないですよね。保湿力の高い、使い心地の軽いおすすめの商品をいくつか紹介していきます。

 

まず、大手クチコミサイト@コスメでも大人気のハトムギです。この商品は、なんと言ってもプチプライスでケチらずにバシャバシャ使えるのが魅力です。いくら効果が高いと言われていても、値段を気にしてちょっとずつしか使っていないのであればその効果は最大限発揮することができません。

 

肌に水分と油分をたっぷり与えることも、予防や対策としては欠かせないポイントです。また、もちろんプチプライスなだけでなく効果もバッチリです。低刺激のため、敏感肌やアレルギーのある方でも安心して使えます。

 

さっぱりした使い心地でありながらも、しっとり保湿もしてくれますよ。次に紹介するのは、ロート製薬の商品です。アクネスは、自分自身のこだわりにあわせてタイプを選べる点がおすすめポイントです。

 

薬用パウダータイプは、サラサラとした使い心地が印象的です。普通のローションでこのような使い心地のものだと、乾燥が心配になってくるのですが、ロート製薬のものは対策にも特化しているので安心なのです。保湿が大切なのことは分かっているけど、さっぱりタイプが使いたい、肌のベタつきが気になる、そんな方々にはぜひともおすすめの商品です。

 

また、モイスチャータイプも展開されているのがポイントです。この、モイスチャータイプはアクネス関連商品のなかでも特におすすめです。プチプライスですが、かなり高い保湿力を持っています。

 

美白ケア商品がおすすめな理由

次に紹介するのは、美白ケアも同時に行いたいというよくばりさんにもおすすめの商品です。白潤は、しっとりとした使い心地が魅力です。美白ケアに特化しているこの商品がなぜおすすめなのかと言うと、その理由はビタミン誘導体にあります。

 

肌を白くするためには、ビタミンは欠かせない成分です。そんなビタミンを効率よく生成してくれるのが、ビタミン誘導体なのです。実は、このビタミン誘導体はニキビを予防する上でも欠かせない成分です。

 

なので、ビタミン誘導体をたっぷり含んでいる白潤も一石二鳥でおすすめなのです。このように、おすすめの商品は色々あります。自分の肌のタイプを考えた上で、ぴったりのものを見つけましょう。

 

日々のスキンケアで気をつけるべきポイント

 

 

次は、日々のスキンケアで気をつけるべきポイントについてです。まず、化粧水を使うタイミングについてです。毎日、朝起きた時の洗顔後と夜のメイク落としの洗顔をした後には、その後すぐにスキンケアを開始するようにしましょう。

 

洗顔後の肌からは、水分がどんどん蒸発していきます。せっかくきれいに顔を洗ったのに、それが肌荒れの原因となってしまうのです。

 

それを防ぐためにも、すぐにフタの役割をしてくれる化粧ローションを使ってケアをしましょう。

 

これて肌への水分補給はバッチリです。ですが、それだけでは不十分なので乳液などで油分を与えることを忘れないようにしましょう。また、いくら気をつけていたとしても吹き出物ができてしまうこともありますよね。

 

そんな時のケアで気をつけるべきポイントについてです。まず、吹き出物は絶対にさわったりしないようにしましょう。刺激を与えるのが一番やってはいけないことです。

 

そして、スキンケアについては炎症している部分などは避けるようにしてその他は普段通りに行って大丈夫です。また、このような時は吹き出物を治すのに特化しているスキンケアアイテムを使用することもおすすめです。ひとつできたというのことは、肌の状態がデリケートになっているということです。

 

そのような時は、なるべく低刺激のもので肌をいたわるようにしてください。皮膚科で処方してもらったアイテムを活用するのも、間違いなく効果的な方法です。

 

時間に余裕があればぜひ行ってください。