ニキビができたときの化粧水と乳液選び

 

ニキビができたときは、スキンケアをよく考えてください。肌の異常だと思って対処することがポイントです。だから、肌に優しいスキンケアを徹底しましょう。

 

自分の肌質のことを多くの人が誤解しています。想像以上にとても敏感な肌になっていると思って化粧品選びをスタートしてください。デリケートだと思って選んだほうが肌にちょうど良いかもしれません。

 

テカりやすいと脂性肌だと思ってしまうかもしれません。皮脂がたくさん出るから皮脂を抑えることに主眼を置いてしまいがちですが、なぜ皮脂が出るのかを知るべきです。皮脂はホルモンバランスの乱れもそうですが、肌が乾燥しているためにたくさん分泌されてしまいます。

 

アルコールを使用した製品が多い

化粧品にアルコールが入っているものを使っていませんか。アルコールが入っていると、さっぱりとした感じになるために、脂性肌用やニキビ肌用の多くに使われています。アルコールに強い肌の人ならかまわないのですが、アルコールに弱い人も多いです。

 

エタノールと成分表の最初のほうに書いてある化粧品を使っていて、肌荒れした場合は気を付けてください。そういう人は、敏感肌用を使ったほうが良いです。

 

敏感肌用の化粧品は、アルコールが入っていないことが多いです。

 

アルコールは肌に負担となってしまうこともあるので、避けたほうが良いかもしれません。肌の調子を整えるためには、保湿が重要なので、保湿成分がたくさん入っている敏感肌用を使いましょう。

 

今では、ノンアルコールやアルコールフリーと書いてある化粧水や乳液が多くなりました。

 

肌に負担をかけたくないという人が多くなったからでしょう。とても肌が敏感な人の場合は、アルコールが入っている化粧品を使うとすぐに顔に現れることもあります。

 

敏感肌用であれば、たっぷり使ってもあまり肌に負担がかからないので安心して使えます。

 

重要なのは保湿

皮脂の分泌を抑えるためには、しっかりと保湿してください。特に化粧水をたっぷりつけて肌の奥まで浸透させましょう。保湿成分と水分が肌の奥まで届くことで肌全体が潤います。

 

水分だけではすぐに蒸発してしまいますが、水分を抱え込むことができる保湿成分が一緒のため、すぐに蒸発しなくて済みます。最後に乳液を付けることでしっかりと潤わせた肌をより乾燥させなくて済みます。乾燥しなくなれば、肌はこれ以上皮脂を出す必要がなくなります。

 

すると、毛穴に皮脂が詰まることがなくなるので、常に美しい肌を保つことができるようになります。

 

皮脂がなぜたくさん分泌されるのか、本当の原因がわかると化粧品選びで間違えなくて済みます。皮脂は、たくさん分泌すると毛穴に詰まるので余計なものと思われるでしょう。

 

確かに、過剰分泌は決して良いことではありません。しかし、皮脂にはちゃんとした役割があります。肌を乾燥から守るために必要です。

 

皮脂は肌を守る働きをしているので、適度に肌を覆っていたほうが良いです。だから、あまり洗浄力が高い洗顔料で顔を洗ってしまうと、せっかくの皮脂が落ちてしまうので、肌が乾燥してしまい、より一層皮脂が過剰に分泌されてしまいます。皮脂が気になるからアルコールが入った化粧品を使ってさっぱりしようとするのですが、さっぱりしすぎるために皮脂が多く分泌されてしまうという人が多いです。

 

そうならないようにするためにも、自分の本当の肌質を考えて、正しいスキンケアをしてください。

 

正しいスキンケアの方法

 

 

正しいスキンケアには、化粧品選びも含まれています。高保湿できる化粧品であったり、無添加と書いてある化粧品を中心にテスターで試しながら決めると良いのではないでしょうか。

 

実際に試すことで自分の肌に本当に合っているかどうかがわかります。できればサンプルをもらって顔に付けてみてください。特に、ニキビができているときは肌がとても敏感な状態なので最初はサンプルで試したほうが良いです。

 

1回でも合っていなければすぐにわかるでしょう。特に問題がないようであれば、しばらく使い続けてみましょう。肌のターンオーバーは一般的には28日周期なので1か月くらい使い続けたほうが良いです。

 

ただし、加齢によって肌のターンオーバーは周期が長くなる傾向がありますので、大人の場合はもう少し時間が必要です。2か月くらいは使い続けてみてください。しばらく使い続けて何か肌に変化がありませんか。

 

肌が綺麗になったのならば、合っている証拠なので、そのまま使い続けましょう。あまり変化がなかったのならば、他の化粧品に変えてみるのも良いかもしれません。より自分の肌に合った化粧品があるはずです。

 

アルコールだけではなく、保存料や着色料、香料なども入っていないほうが良いです。なるべくこれらが入っておらず、自然由来成分を中心に作っている化粧水や乳液のほうが肌への負担は少ないからです。香りがしても、自然由来の成分であれば肌への負担にはあまりならないでしょう。

 

無添加にこだわって肌を早く正常な状態に戻しましょう。