化粧水でおすすめしたいのは無添加

 

いつも、どんなスキンケアアイテムを使っているでしょうか。最近は、オールインワンジェルを使っている人も増えましたが、まだまだいろいろなアイテムを使っている人が多いでしょう。化粧品は、直接肌に付けるものですから、価格に注目するのではなく、中身に注目してください。

 

どのような成分が入っているのかで選んでいる人が多いです。乾燥肌の人なら保湿成分がたっぷり入っているかどうか、美白したい人ならビタミンC誘導体などの美白有効成分が入っているかどうか、アンチエイジングなら肌を若返らせる成分に注目してしまいます。これらももちろん大事なことです。

 

しかし、基本的なことを忘れてはいけません。一体、基本的なこととは何のことでしょうか。

 

肌質はそれぞれ違う

肌質は、人それぞれ違います。脂性肌の人もいれば、乾燥肌や敏感肌の人もいます。自分では脂性肌だと思っていても、意外と違っていることもあります。自分の肌質を誤って把握してしまい、間違ったスキンケアアイテムを使ってしまうこともあるでしょう。

 

どんな肌質の人にも安心して使うことができる無添加化粧水をおすすめします。乳液や美容液などもそうです。

 

食べ物だけではなく、化粧品にも添加物は入っています。保存料や香料などいろいろあります。パッケージを見ると、どうしても美容成分にばかり目が行ってしまいますが、添加物が入っているかどうかについても良く確認したほうが良いです。絶対に添加物が悪いとは言い切れませんが、肌が弱い人なら添加物によって肌荒れしてしまう恐れもあります。

 

よく肌の調子が悪くなる人なら、なるべく保存料や香料などが入っていないことを確認してから使ったほうが良いです。よくパラベンと聞きませんか。パラベンは化粧品の劣化を防ぐことができる防腐剤です。

 

化粧品の大半は、1回使いきりではありません。サンプルや小分けされたパックなどは1回で使い切ってしまいますが、そうではない化粧品のほうが多いです。すると、化粧品が劣化しないように防腐剤を加えておかなくてはなりません。

 

防腐剤を入れれば、化粧品の劣化を防ぐことはできますが、パラベンによって肌の調子が悪くなる人もいます。最近は、パラベンフリーの化粧品がかなり多くなっていますので、敏感肌の人も利用しやすくなりました。

 

防腐剤がないと劣化しやすいので、なるべく早く使い切ってください。

 

もちろん、防腐剤が入っていなくても早めに使い切ったほうが良いです。化粧品は、空気に触れると酸化が始まるので、あまり長期間使い続けないほうが良いので、気を付けてください。無添加化粧水なら、なおさらです。

 

毎回のスキンケアでたっぷり使って早く消費してしまいましょう。

 

肌トラブルの原因とは

 

 

ローションパックをすると1度にたっぷり使えます。パラベンなどの肌に負担をかける成分が入っていないので、肌の奥までしっかり浸透させても安心できます。

 

肌は、乾燥すると肌トラブルを起こしやすくなりますから、肌を潤わせるためにもローションパックはおすすめです。添加物が入っていないことを確認してからパックしてみてください。

 

自分は敏感肌ではないから添加物は気にしないという人もいるかもしれません。

 

確かに、添加物が入っていても肌の調子が悪くならない人もいます。しかし、肌に添加物をずっとつけ続けることは、本当に肌にとって良いことなのでしょうか。毎日、少しずつとはいえ、つけ続けていけば、だんだんと添加物を使っている人と使っていない人の肌の状態が変わっていくかもしれません。

 

添加物は、肌に負担となってしまいますので、徐々にその負担が肌に現れるはずです。しかし、添加物を使っていなければ肌にはほとんど負担がかかっていないので、きれいな肌をキープしやすいというわけです。

 

肌荒れの原因は、他にもありますので、必ずしも無添加化粧水をたっぷり使い続けていれば、肌が荒れないというわけではありません。

 

しかし、肌を健康的に、美しく保ち続けたいと思ったら、その原因となるものはなるべく排除したほうが良いです。肌に負担をかければかけるほど、肌は荒れやすくなります。

 

もちろん、防腐剤が入っていない場合は、早めに使って劣化する前に使い切る必要はあります。

 

劣化してしまうと、肌に良いはずの化粧品が肌に負担となってしまうからです。この大原則さえ守っていれば、添加物は入っていないほうが良いです。

 

今では、添加物を入れない代わりに、1本1本の量を少なくして、すぐに使い切れるようにしているメーカーもあります。

 

スキンケアのポイント

肌は内側からのケアも重要ですが、外側からのケアももちろん重要です。肌が敏感な人もそうでない人も、肌のためにどんなことをすべきか、何を選べば良いのかをじっくりと考えてみませんか。

 

添加物が入っていない化粧品は、なかなか手に入らないと思っているかもしれませんが、ドラッグストアなどでも見かけることができます。

 

肌のことを考えて、パッケージを見て添加物が入っていないことを確かめて使ってみてください。