にきび肌化粧水選びのポイント

 

毎日使うものですから、にきびの方が化粧水選びをするときにはポイントを押さえて選ぶようにしましょう。基本的に、どのようなタイプの方であっても保湿は重要です。オイリーだからといって省いてよいということにはなりません。

 

体質に合ったものを選んで継続して使用しましょう。
継続して使用することが前提ですから、刺激を感じるなど使っていて不快感のあるようなものは避けましょう。トラブルがある状態のときには、外からの刺激に敏感になっています。

 

だからといって、その刺激を我慢してしまうと、回復が遅くなってしまいます。刺激を感じるということは、それだけダメージがあるということでもあります。

 

いつも使っているものでも、いつもは感じない刺激を感じてしまうようなときには、もっと低刺激の他の物を探してみましょう。

 

相性のいい化粧水

相性のよいものを使うことで、肌への負担を軽くでき、その分、回復をスムーズにすることができます。

 

化粧水を使うことで、油分と水分のバランスを整えて潤いを与え、保湿効果などが期待できます。それにより乾燥をケアし、肌の状態を整えることができます。

 

そのため、にきびがあるから殺菌しよう、皮脂の分泌を抑えよう、という単純な考え方で選ぶのはよくありません。水分と油分のバランスをキチンと整えることができれば、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。乾燥を改善できれば肌が本来持っている機能を正常化できますから、外からの刺激に強くなりますし、トラブルからの回復も早くなります。

 

逆にいえば、殺菌効果が強すぎたり、必要以上に皮脂の分泌を抑えてしまうことで本来持っている働きが正常に働きにくくなってしまいます。有効な成分がしっかり入っていることも気になりますが、働きを正常化することでトラブルからの回復がスムーズになりますので、相性が良いものを選ぶことのほうが重要です。

 

外からの刺激に弱くなっていますので、刺激の強い成分が入ってないもののほうが安心です。

 

アルコールは刺激が強いですし、乾燥を招く恐れがありますので避けたほうが賢明です。オイルについてもアクネ菌の餌となってしまいますので、入っていないもののほうが安心です。オイルフリー、アルコールフリーのものから選ぶようにしましょう。

 

回復を促すためには、新しいものを作らないということも大切です。そのため、できやすい成分を使用せずに作られているノンコメドジェニックのものから選ぶほうがよいです。

 

製品にノンコメドジェニックテスト済みと記載されているものから選ぶことで、リスクを小さくすることができます。

 

効果が期待できる成分

 

 

効果が期待できる成分としては、ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸があげられます。ビタミンC誘導体に期待できる働きは余分な皮脂を抑える効果や予防の効果、跡の改善などがあげられます。グリチルリチン酸は低刺激でありながら炎症を抑える働きがあります。

 

逆に殺菌成分が入っていて刺激が強いものや、乾燥を招くイオウが入っているもの、思春期向けの製品といったものは避けるほうが賢明です。大人と思春期では、できてしまう原因に違いがあります。思春期を過ぎたら、思春期向けの製品は合いません。

 

思春期向けの過剰な皮脂分泌を抑え、アクネ菌を殺菌するタイプのものは、乾燥を招く原因になってしまいます。

 

乾燥すると過剰な皮脂分泌を招く原因になるため、オイリーな方の中にはオイリーなのに乾燥しているという方もいらっしゃいます。大人になったら殺菌や皮脂を抑えることよりも保湿することのほうが重要です。

 

保湿することでバランスが整い、過剰な皮脂分泌が抑えられます。そこを勘違いしないようにしましょう。しっかり保湿するためには、浸透力も大切です。

 

同じような成分が入っていても、必要なところへ届かないと効果を期待することは難しくなります。乾燥が思っているよりも奥まで進んでいることが多いため、浸透力の高いものを選ぶほうが賢明です。安いものを購入してたくさん使うよりも、高くても浸透力の高いものを使うほうが効果的な場合も多いです。

 

相性の良い、保湿効果が実感できるものを選ぶようにしましょう。

 

化粧水を選ぶポイント

ピーリングやふき取りといった、落とす効果が期待できるものについては、避けたほうが賢明です。すでにトラブルのある状態ですから、刺激しないでケアしたほうが良いからです。

 

トラブルがあったり、トラブルが出やすい刺激に弱い状態のときには、優しく保湿して保護してあげることのほうが重要です。無理せず保護できてしっかり保湿できるものを選びましょう。

 

ランキングや口コミといった他人の評価も気になりますが、自分との相性が一番重要なポイントです。使ってみて刺激を感じず、潤いを与えることができて、にきびが減っていく化粧水が自分にとっての良いものになります。

 

合わないものを無理して使わず、保湿がキチンとできて、刺激を感じずに気持ちよく使える相性の良いものを選ぶようにしましょう。