お酒好きさんも必見!効果も抜群な化粧水

 

年末年始のこの時期は、みなさんお酒を飲むことが多くなりますよね。ワイン、ウイスキー、ビールとお酒の種類は数々ありますが、美肌になりたい女性におすすめしたいのが、なんといっても米麹の入った日本ならではの日本酒です。

 

熱燗にして飲んでも良し、調味料としてお料理に使っても良しな食材ですが、今若い女性に流行しているのが「日本酒成分の入ったスキンケア商品」なんです。

 

日本酒成分の入ったスキンケア商品とは

私自身が使ってみて感じた効果や美肌になれちゃう使い方までご紹介します。そもそも、日本酒の成分が入った化粧水を見たことはあるけど、実際に使ったことはないなぁ、という方もいらっしゃると思います。

 

「アルコールだから、お肌につけたらピリピリするんじゃないの?」
「匂いはどうなの?」
「乾燥肌だから、保湿成分が入っていないと厳しい!」
「日本酒入りとだけ聞くと、なんだかオジさん・オバさんくさいな」

と心配されている方にもオススメしたいのが、酒造メーカーで有名な菊正宗さんの「日本酒の化粧水 高保湿」です。

 

私自身もフェイスはもちろん、ボディの乾燥に悩んでいたのですが、化粧品の口コミサイトやtwitterでこのちらの商品を知り、試しに乳液とセットで購入してみました。500mlと大容量なのに価格は800円前後とかなりお手軽で、近所のドラッグストアにも置いてあるのでデイリーケアにぴったりな商品です。

 

こちらは、白いボトルの比較的サッパリとしたテクスチャーのものと、ピンク色のボトルの高保湿タイプの商品がありますが、乾燥するこの季節には断然高保湿タイプをオススメします。

 

さて、こちらの商品ですが、さすが菊正宗さん!と讃えたくなるほど日本酒の香りがします。飲兵衛にはたまりませんが、苦手な方はテスター等で確認してみてくださいね。

 

使い心地はどのようなものか

 

 

高保湿タイプではありますが、テクスチャーはサラサラとしていて、お肌に塗るとしっとり染み込みます。一度に出しすぎると手から溢れてしまうかもしれないので、私は脱衣所やお風呂場でケアしています。お風呂上りで一番乾燥しやすい時間帯に、すぐに保湿できるので一石二鳥なんです。

 

大容量なので惜しみなく、首から背中、指先、足先までたっぷり塗れば、潤う瑞々しいお肌に早変わり!ほんのりと甘いお酒の香りも漂います。

 

更に保湿力を高めるために、同じシリーズの「日本酒の乳液 RN」を重ね塗りしてみてください。

 

乳液のとろみのある感触と保湿成分で、潤いをしっかりキープできますよ。「乳液を体中にべた塗りしたら、パジャマがひっついて気持ち悪そう」と思われるかもしれませんが、意外や意外、しっかりお肌に伸ばして塗り込めば、べたつきも気にならずお手入れ完了です。よりしっとり美肌を目指す方は、この上からボディクリームやボディミルクでしっかり蓋をしてみてください。

 

私も実際にこの手順でお手入れをしてみたところ乾燥の気になっていた肘やお尻、ふくらはぎがすべすべになりました。私同様にこの日本酒スキンケアの効果を実感している女性をtwitterでたくさん見かけますが、実際にはどのような美肌成分が含まれているのでしょうか。

 

同じく、私が愛用している菊正宗さんの商品説明によれば保湿成分のセラミドや、日本酒一升分の遊離アミノ酸同等量やプラセンタエキスに更にアルプチンまで配合されているらしく、なるほど納得の高保湿スキンケアコスメです。

 

しかも、弱酸性・無着色・無鉱物油とお肌の弱い方や成分に気を使っている方にも嬉しい内容です。これだけ高品質で使い勝手の良い商品がプチプラでお手軽に購入できるので、若い女性に大人気なのも頷けますよね。

 

もちろん、他のスキンケア商品と同様に一人一人のお肌に合う・合わないがありますので、テスター等で自分の肌に合っているか、使い続けても問題なさそうかをキチンと確認した上でお使いくださいね。

 

 

 

 

もし、私と同じようにボディの乾燥にお悩みの方で、肌質的にも問題なく使用出来そう!という方はぜひとも毎日のアウトバスケアのお仲間入りを。お風呂上りのお肌に一番最初に塗れば、お風呂で温もったお肌の潤いをばっちりキープできますよ。

 

旅行先でも使いたい、という方は100円ショップ等で売られているトラベル用の詰め替えボトルに入れれば持ち歩きもOKです。「重ね塗りが面倒だな〜」というものぐささんは、同じく100円ショップの大きいサイズの詰め替えボトルに、化粧水:乳液=1:1の割合で混ぜた保湿液をお試しあれ。もちろん、それぞれ別で重ね塗りするほうがしっとりモチモチしますが、ささっとお手軽にお手入れしたい方には、このミックスした保湿液もオススメです

 

中身が混ざるように、しっかりシェイクしてから使用してくださいね。この場合は、最後にボディクリームを塗りこんで潤いをキープしましょう。

 

クリスマスデートや年末年始のお泊り会に向けて、お手軽かつ抜群の高保湿ケアで冬の寒さに負けないお肌を手に入れちゃいましょう。