ニキビ予防に化粧水を効果的に使う

 

人それぞれ肌質は全然違います。何を使ってもあまり肌荒れしないとても丈夫な肌を持っている人もいますし、何をしても肌が不安定になってしまう人もいます。しかし、今は基礎化粧品も種類がとても豊富になってきましたので、それぞれの肌質に合った基礎化粧品を選びやすくなっているはずです。

 

問題は、種類があまりにも多すぎるのでどれを使っていいのかわからなくなることでしょう。自分の肌質をよく考えた上でいろいろと使い、最も自分に合っていると思う1本を見つけましょう。

 

効果的に使う方法とは

良い基礎化粧品に合えたら、今度は使い方です。つまり、スキンケアを見直すということです。これまでのスキンケアが意外と間違っているかもしれません。よくパッティングをしている人がいますが、強すぎるパッティングをしてしまうと肌に強い刺激となってしまい、肌荒れの原因にもなります。

 

肌に浸透させようと思って行っているのに、浸透する前にどんどん蒸発してしまい、あまり肌に浸透していない人も少なくありません。パッティングは強すぎない程度に行いましょう。

 

どうしてもニキビが良くできてしまう人は、予防のためにも保湿を正しく行ってみてください。

 

洗顔後に使う化粧水はたっぷり使いましょう。どうしてたっぷり使う必要があるのかというと、洗顔することで汚れだけではなく皮脂も一緒に流れてしまいます。皮脂は余分なものだと思われがちですが、それは過剰に分泌した分の皮脂です。

 

あまりにも皮脂がたくさん出過ぎてしまうと、毛穴をふさいでしまいアクネ菌を発生させてしまいます。しかし、皮脂があまりにも少なすぎてしまうと今度は肌が乾燥してしまいます。乾燥している分にはアクネ菌は関係ないと思いませんか。

 

決してそんなことはありません。

 

肌が乾燥しないようにと思って、肌が皮脂をたくさん分泌してしまいます。皮脂には肌を乾燥から守る肌のバリア機能があるからです。

 

肌が自ら乾燥しないようにと思って皮脂を過剰分泌させてしまえば、皮脂が毛穴に詰まってしまいアクネ菌を発生させる原因となってしまいます。

 

肌が乾燥していなければ、皮脂が過剰に分泌しなくて済みます。だから、保湿が重要なのです。

 

美肌を保つには

赤ちゃんはモチモチとした肌でとてもきれいですが、年々肌の調子が悪くなっていませんか。若いころは乾燥知らずだったのに、今ではすっかり乾燥肌になっている人もいるはずです。加齢とともにコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが体内から減少してしまうからです。

 

これらは肌にとって必要な成分ですから、これらが入っている化粧水を洗顔後にたっぷり使ってください。

 

特にセラミドは乾燥肌対策として有効です。セラミド入りを使ってみてください。

 

すると、肌にうるおいが復活します。この時、強いパッティングはご法度です。できれば、シートマスクにたっぷり浸してローションパックをしたほうが良いです。

 

数分間ローションパックをするだけでも、たっぷり肌に浸透させることができます。シートマスクが乾く前に外すことがポイントです。シートマスクが乾いてしまうと、肌の水分がシートマスクに移動して、肌が乾燥してしまうので気を付けてください。

 

肌の奥までうるおいがよみがえれば、肌が正常な状態になります。だから、皮脂を過剰に分泌する必要もありません。適度な量だけ皮脂が分泌されます。

 

もちろん、その後は必要に応じて美容液を使ったり、肌が乾燥しないようにするために乳液やクリームでふたをしてください。特に、乳液やクリームは必要です。これらを使わないとせっかく水分で満たされた肌なのに、水分が蒸発してしまうので、うるおいがすぐになくなってしまいます。

 

肌を守るためにも乳液やクリームを使いましょう。

 

乳液やクリームの使い方

 

 

ニキビを予防するためには、毛穴の汚れを取り除いて、油分を肌に与えないほうが良いと思っていませんか。過剰に油分を付けないほうが良いですが、乾燥しない程度の油分はかえってあったほうが良いでしょう。

 

油分が入っている乳液やクリームを使うとべたついてしまう人は、最後に軽くティッシュオフをするとべたつきがあまり気にならなくなります。

 

どうやってニキビから肌を守るのかはとても難しい問題です。まずは、自分の肌に合っている基礎化粧品を選んでください。

 

ここで躓いてしまうと、正しいスキンケアをしていても、効果を得ることができなくなってしまいます。だから、自分の肌質を見誤らないように気を付けてください。敏感肌用であれば、肌への負担が少ないのでどんな肌質の人にも良いのではないでしょうか。

 

 

基礎化粧品さえ合っていれば、あとは正しいスキンケアをするだけです。ここでも間違ってしまうと肌は期待に応えてくれません。なかなか難しいと感じてしまうでしょう。

 

それだけ、肌はとてもデリケートなのです。しかし、乾燥しないようにたっぷり化粧水を使って保湿をすれば、きっと肌は応えてくれます。自分の肌を信じて、正しいスキンケアを毎日続けましょう。