にきびの悩み解決のポイントは保湿

 

にきびが悩みという人は多いものですが、その解決策というと専用化粧品や病院での治療しかないと考えている人は多いのではないでしょうか。

 

でも、実は日々のスキンケアが大きく作用しており、「保湿」がカギとなります。なぜ保湿がキーポイントになるのかというと、それを言及する前ににきびのメカニズムについて知っておく必要があります。

 

まず、できる原因ですが、それは毛穴の詰まりです。古くなって剥がれた角質や埃などが毛穴に詰まり、そこに本来毛穴から外に出される皮脂がたまることにより白い面皰(コメド)と呼ばれる状態になり、これが初期状態となります。

 

そして、毛穴の中にたまった皮脂などの老廃物にアクネ菌が繁殖して炎症すると痛みや痒み、酷くなると腫れを伴い悪化していきます。

 

ちなみに、アクネ菌は顔の常在菌なので肌荒れを起こしていない人の肌にも存在するのですが、アクネ菌は皮脂が大好物です。

 

そのため、毛穴に皮脂が詰まることによって、そこにアクネ菌が繁殖しやすくなるのです。

 

過度な洗顔は実はニキビを増やす原因

このようなメカニズムとなっているため、予防として心がけるのは「毛穴を詰まらせないこと」になります。

 

まず、毛穴が詰まる原因は皮脂分泌が多いことが挙げられるため、皮脂を除去することばかり気を配ってしまう人は少なくありません。一日に何度も油とり紙を使ったり、一日に何度も洗顔をすることが予防と考えられがちですが、これは実は間違えたケア方法です。

 

私たち人間の皮膚にとって皮脂は外部からの菌から肌を保護したり、肌の潤いを保ったり、肌には必要な成分なので、皮脂が取り除かれ過ぎると積極的に皮脂分泌を行うようになります。

 

つまり、油とり紙で皮脂を除去しすぎたり、洗顔をし過ぎることで肌は皮脂不足と認識して余計に皮脂分泌の多いオイリー肌になってしまうのです。

 

これを繰り返していくうちに、元々皮脂分泌の多いおでこから鼻にかけてのTゾーンや顎周りのUゾーンは更に脂っぽくなり、一方で皮脂分泌の比較的少ない頬は乾燥でカサつくといった混合肌が進行してしまい、余計に毛穴詰まりを起こしやすい肌になってしまうため逆効果なのです。

 

また、皮脂分泌が少ない乾燥肌も実は毛穴詰まりを起こしやすくなります。というのは、肌は適度な水分がないと正常なターンオーバー機能が働きません。

 

 

 

 

ターンオーバー機能とは、私達の肌は正常な人は28日周期で古い角質が剥がれて新しい肌へと生まれ変わっているその肌本来が持つ生まれ変わりの機能なのですが、ターンオーバーが正常に働かないといつまでも古い角質が肌表面に残り、くすみやがさつきの原因となると共に、肌表面が硬くなり毛穴に汚れが詰まりやすい状態になります。

 

ブツブツができやすいのはオイリー肌と認識されがちですが、実は乾燥肌も毛穴が詰まりやすい状態にあるため、要注意な状態なのです。

 

にきび体質の人の原因がホルモンバランスの乱れということも少なくありません。女性の場合は生理周期で卵胞ホルモンと黄体ホルモンの優位の時期が変化するため、その変化時期にホルモンバランスが乱れて、顔の特定の位置に皮脂分泌が盛んになるという人が少なくありません。そのような人は生理前など特定の時期になると肌荒れを起こしやすいという周期を持っています。

 

しかし、それ以外にも男性ホルモンが増えると肌荒れを起こしやすくなると考えられています。女性にも男性ホルモンは存在します。生活習慣の乱れや体調によって男性ホルモンが増えることがあり、男性ホルモンが増えると女性でも肌表面が硬くなり、同時に皮脂分泌も盛んになります。

 

それにより毛穴に汚れが詰まりやすい状態となり、肌荒れを起こしやすい環境になってしまうのです。

 

ニキビ予防の保湿をして肌美人に

 

 

このように肌荒れを起こす原因は皮脂分泌が盛んであっても、乾燥して肌表面が硬くなっても共にあり得るのです。

 

そのため、予防をするには皮脂と水分のバランスが良い状態に肌を保つことがなにより大切となります。

 

そのために必要なのは「保湿」です。
肌の水分量が満たされることで正常なターンオーバー機能が働くため、潤いがある肌になると同時に肌表面も常に角質が生まれ変わり健康な状態を保つことができ、ふっくらと柔らかい状態の肌になるため毛穴詰まりも起こりづらくなります。

 

では、どのように肌を保湿すれば良いのかというと、大事なのは毎日の基礎化粧です。

 

洗顔は1日2回、朝晩にしっかり洗顔をして、夜にはクレンジングでメイク汚れもしっかり落とすことが大事で、これ以上の洗顔は不要です。

 

そして、洗顔後はできるだけ早く化粧水で保湿します。化粧水にはセラミドやビタミンC誘導体など、肌の角質層まで届くような浸透性のある成分が配合されている保湿性の高い物を選ぶとより効果的です。

 

そして、クリームや乳液など脂分のある化粧品でしっかり表面に蓋をして水分を蒸発させないようにします。
 
毎日の基本的なケアをしっかりと行うことが、なによりの予防策、そして解決策となります。