化粧水でニキビを治したい時に有効なビタミンとは

 

化粧水でニキビを治した時、ビタミンC誘導体が効果的です。この成分は肌中で生成されたメラニン色素の排出を促すことができますので、赤みがかっている部分をスムーズに解消してくれます。メラニン色素の生成量が増えると赤みが現れるだけでなく茶色い色素沈着の跡になってしまう恐れもありますので、早めのケアが肝心です。

 

跡にも色々な種類がありますが、治るまでに時間がかかると言われているのが色素沈着です。

 

自然な肌のターンオーバーの働きを待つことでも改善は見込めますが、それだけでは時間がかかり過ぎますので、やはり早く治すためには化粧品を上手く活用することが大切です。

 

また、優れた抗酸化作用を持つ成分でもありますので、肌のコンディションを良い状態で保つのにも役立ちます。

 

肌コンディションを保つには

肌コンディションは体調や外的環境にも左右されやすいものですので、常に一定のレベルを維持するのはとても難しいことです。しかし、少しでも崩れると肌荒れの原因になりますし、一度肌荒れを起こすと外的刺激に弱くなりますのでなかなか元に戻すことができません。

 

抗酸化作用を持つ成分を上手く取り入れることで肌は健やかな状態を維持することができますし、肌細胞の錆びつきも抑えることができます。

 

その他、肌を滑らかにして新陳代謝を促す効果もあります。瑞々しい細胞が増えるとストレスに負けない状態になりますので、強い肌質へと変えていくことができます。コンディションの崩れやすい肌は水分と油分のバランスの調節が上手くいかず、バランスを保つことが難しくなっているのですが、この成分の持つバランスを調整する働きを利用することで皮脂の分泌量も上手く抑えられてちょうど良いバランスを維持することができます。

 

肌タイプ別に見てみると、オイリー肌の人にとても効果的です。オイリー肌の人はせっかく洗顔を行って毛穴の中を綺麗にしても、時間が経たないうちにまたすぐに詰まってしまいます。毛穴に皮脂が詰まるとアクネ菌をはじめとした雑菌の繁殖がすすみ、それがトラブルの原因になります。

 

 

 

 

炎症などの表立ったトラブルがない場合でも、皮脂は時間が経つと黒ずんできますので見た目も美しくありません。上手く取り除くことができずに長時間放っておくと、開いた毛穴がそのまま戻らなくなり、たるみ肌の原因になってしまうこともありますので注意が必要です。ビタミンC誘導体にはオイリー肌の人の悩みを根本的に解決してくれるような作用があります。

 

皮脂の分泌量を適正な範囲にコントロールすることで毛穴をいつでもクリーンな状態に保つことができますし、適度な皮脂は保つことができますのでバリア機能を弱めることもあります。オイリー肌の人によくあるトラブルとして、毛穴や皮脂が気になって洗い過ぎてしまい、皮脂を全て取り除くことでバリア機能を低下させてしまうケースがあります。

 

バリア機能が弱まると日常生活を送るだけでも肌への負担が大きくなりますので、正常なバリア機能を維持できるようにケアすることが大切です。

 

実際の取り入れ方としては、肌にそのままつけても浸透しやすい成分ですので一定の効果を得ることができます。特にお風呂上がりの毛穴の開いた状態でつけると、しっかりと浸透させることができます。更に効果を高めたい時には微弱な電流を流して美容成分を真皮まで届けることのできるイオン導入のようなものを使うと便利です。

 

イオン導入は家庭用の機器でありながら、エステで受けるような本格的なケアを実践することができます。浸透率が格段に高まりますので、美容成分の持つ働きを最大限に高めることのできる方法です。

 

内側からのケアも大切

 

 

化粧水でケアを行いながら、同時に内側からのケアも実践するという場合にはビタミンB群がお勧めです。

 

特にB2・B6・パントテン酸はニキビに効くと言われています。B2は脂質の代謝を促すことで炎症を起こしにくくします。B6には遅れがちなターンオーバーを正常に戻す働きがありますし、パントテン酸には皮脂の分泌量をコントロールする作用があります。

 

これらの働きはコンディションを整える上で非常に重要であり、計画的に摂取することで美しい素肌を手に入れることができます。

 

化粧水でケアを行う際には、美顔器などを利用するのでなければ手でつけるのが効果的です。中にはコットンにたっぷりと含ませてから肌につけるという人もいますが、手を少し温めておいて、その手でつけることによってしっかりと浸透させることができます。

 

簡易パックを行うためにコットンを利用するという場合には、時間を長くし過ぎずに5分から10分程度にしておくことが大切です。それ以上乗せておいても浸透率を高めることはできませんので、蒸発を防ぐためにクリームや乳液で蓋をします。

 

ニキビができると気になって触り過ぎてしまうこともありますが、基本のケアだけを行ったらなるべく触れないようにすることも大切です。

 

雑菌や刺激は悪化の原因になります。